奈良市の整体なら「咲かす鍼灸整骨院」痛みやシビレを早期に根本改善

膝痛・変形性膝関節症

膝の痛み

  

なぜどこに行っても
良くならない膝の痛み
根本改善されるのか?

 

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!

 

「病院で治らなかったのに不思議です!」

私が咲かす鍼灸整骨院にお世話になったのは膝の痛みです。10メートル歩くのも痛いぐらい左膝がつらかったです。娘がいい整骨院があるとすすめてくれました。院長先生からとても優しく症状をしっかり聞いていただきました。それからいろいろ検査をして身体全体の歪みをとり、鍼治療をしていただきました。一回目で膝の痛みがぐっととれ驚きました。今ではすっすと歩けるようになりました。本当にありがたく思っております。

(山村 ちよ子さま)

※効果には個人差があります

「刺すような膝の激痛が嘘のように取れました!」

草刈りをしていて左のひざ裏が急に痛くなりました。畑仕事を何十年もしてきたのでので長年の負担が出たような気がしました。あまりに痛く歩けなかったので息子に抱きかかえられながら、車でこちらに運んできてもらいました。年だから膝が変形するのも無理はないかとも思いました。でも院長先生に変形しても膝に痛みはとれると言われ素直に治療を受け、家でのだされた宿題を毎日欠かさずやりました。すると2週間もしないうちに膝の痛みが全然なくなってました。今もメンテナンスに通っています。松本先生に出会えて本当に良かったです。息子も大変喜んでくれてます。

(永野 トミコさま)

※効果には個人差があります

 

 

TV雑誌

 

医療関係者や専門家が当院を絶賛

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝の痛み

改善
されるのか?

 

他で良くならない理由

膝の痛み

  • 変形した膝だからしかたないと我慢していた。
  • 整形外科などの病院で「変形性膝関節症」と診断された。
  • レントゲンで確かに変形していた。
  • 年だからしかたない
  • マッサージ 整体にも行ってみたが効果がない。
  • 鍼にも行って一時的には 良くなったきもするが・・・・。
  • そのようなお悩みは、ありませんか?

中高年の悩みで特に多いのが「膝痛」。中高年の膝痛の約9割が、変形性膝関節症と考えられています。
変形性膝関節症には、次のような治療法がおこなわれる事が一般的です

・薬物 療法
(痛みどめを飲む  湿布を貼る  ヒアルロン酸の注入) 
整形外科では、膝に痛み止めや ヒアルロン酸の注射を打ちますが、2~3日楽になる程度であまり変わらなかった・・・・という声をよくききます。 
薬に頼って痛みを軽減させるのはあくまでも対処療法です。痛みをおこさせない根本的な方法をもちいるべきです。
しかも 米国整形外科AAOSでは、ヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていません。
当然ながら コンドロイチン グルコサミン等を含む健康食品にも効果はありません。
痛み止めや湿布もその場しのぎでしかありません。。

・装具療法
(足底装具・サポーターを使用)
日本人に多いO脚では、ひざの内側に体重がかかってしまいます。
そのため 膝の軟骨や半月板の負担をへらすため 足や靴に装具を装着して体重のかかる場所をかえます。
痛み等の症状に変化があまりなく 満足には程遠い処置とかんがえます。

・電気治療などの一般的な整骨院・病院の治療
膝の痛みがあるところやその周辺を揉んだり 電気をあてたりします。   
膝のまわりにアプローチすることで 一時的に痛みをやわらげる効果はありますが、膝痛の原因を取り除くことは、できません。
多くは リラクゼーション的な施術であったり 反対に強くボキボキする施術のためかえってストレスを感じることもあります。

・外科的治療  
多くの医療機関では、膝の手術は、痛みを改善させる有効な手段だと考えられています。手術にはリスクがつきものという事実も知っておいた方がいいと思います。
例えば半月板を取り除いた場合、膝が不安定になり膝本来の動きが出来ず骨の破壊が起こってしまう事もありますし 痛みそのものが取れない患者さんも少なくありません。
なぜか?それは変形した膝関節にメスを入れ今の状態からまた変形させるからです。 
若かりし頃の膝に戻るわけではないです。手術を全面的に反対する訳ではありません。

どうしても手術しかないという患者さんもおられるでしょう。
しかし 大多数の膝痛患者さんにはその前に治療法があります。

 

 

原因

膝の痛み

*変形性膝関節症

膝痛というのは、膝関節の痛みです。この小さな関節には、体重の負荷がかかりますが、つるつるしている軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。     

しかし 加齢による骨の代謝の低下や軟骨へのストレスで膝痛がおきてきます。

軟骨へのストレスとは、肥満、過去のケガ、O脚やX脚、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下があります。

特に脚の内側の筋肉が弱くなってくると、膝関節が不安定になり、内側の軟骨がすり減って骨同士が接触しやすくなることにより、炎症を起こしたり、骨の位置がズレたりします。

歩く、立ち上がるなど、動き出す時に膝の痛みや違和感があれば「変形性膝関節症」が疑われます。

50歳~60歳くらいから発症し始め女性のほうが男性よりなりやすく、国内では、約1000万人ものひとが、変形性膝関節症で悩まされています。

*半月板損傷(はんげつばん)・靭帯(じんたい)損傷

 スポーツでのケガが原因となることが多いですが、高齢者の場合は自然に損傷することもあります。

半月板は、膝関節でクッションのような約割を果たし、靭帯は関節の骨と骨をつなぎ安定させる約割があります。

半月板を損傷すると、痛みやひっかかりを感じたり、水(関節液)がたまることもあります。

ひざの靭帯を損傷すると、ぐらつきを感じ、関節が不安定になるため、関節の軟骨に負担がかかり、将来的に変形性膝関節症になる危険性があります。   

膝は大腿骨とすねの骨で構成されています。

大腿骨は股関節で骨盤とつながり、すねの骨は足首とつながっています。

年齢を重ねると 筋肉や関節が硬くなり動きにくくなります。

関節が動きにくくなると 他の関節が動きを補うようになり無理をしていきます。

膝の痛み原因は膝だけにあるとは限りません。

膝が痛いからといって全然歩かない、負荷をかけない状況が続くと、各関節の支えが悪くなってしまい、骨盤から下の関節全てがゆるんでスムーズに動かなくなりバランスも取れなくなってしまうのです。

「関節のゆるみ」というのは適切な負荷をかけないことで生じます。

膝を含め関節というものは、正しい(負荷)荷重をかけることで滑らかに動くようになっています。

ですから、膝が痛いからと言って負担をかけないように生活していると、かえって関節がゆるんで変形が進んでしまう可能性があるのです。

変形した膝 年齢により摩耗した膝を元の状態にするのは無理です。

しかし 腰や膝の動きをスムーズにし、全身のバランスを整えることで 痛みをなくし変形が進まないようにすることは、可能です。  

膝の回復を考えるのであれば、環境や生活習慣の中から原因を引き出すとともに、膝だけでなく全身のバランスに対するアプローチが有効であるとかんがえます

 

 

当院での改善法

施術

①炎症が引くまでしっかり冷却する。

炎症=熱=痛み・変形ですから、安全で効果的な冷却方法で炎症が引くまで冷やします。

よく「温めた方が血行も良くなり痛みも和らぐのですが」とお聞きすることがあります。

◆温めると血行が早くなるのは、熱を捨てたいからです。

温めると血行は早くなります。ただその原因は余剰な熱を外に捨てたいからなのです。人は36.5℃前後の平熱を保つように体は作られています。それよりも1〜2℃高いだけで体調を壊し、40℃を超えると身体の組織を破壊していくのです。

血行が早くなるのは炎症している患部に余剰な熱が加わり、慌てて熱を捨てようとする様子を表しています。
一方、冷やす方には細胞レベルで0℃まで冷やしても安全性が確認されています。

 ◆温めると冷やすは、どちらも鎮痛効果がありますがその内容は大きく異なります。

温めても冷やしても鎮痛効果があります。温めて鎮痛効果が得られる理由は、人間の組織はタンパク質で出来ているからです。

それは神経組織も同様です。

神経も40度以上の加熱を続けていれば、破壊が始まり温度や痛みに対する感覚が鈍くなり痛みが緩和したように思えます。
ですが実際のところは「気持ちがいいから」と加熱を続けることは細胞の破壊を加速させているのです。

上記のように、温めて鎮痛効果を得られても、冷めてきた時には熱破壊によってさらに痛みを増し、炎症を長引かせます。

一方、冷やす方は熱をスムーズに捨てられ、細胞は新鮮さを保ち、温度が戻ってきた時には本当の意味で回復を促した事になります。

例えば身近なところで言いますと、生肉や鮮魚の組成もタンパク質からできています。生肉や魚をスーパーで買ってきたらどうしますか?冷蔵庫で冷やしますよね。

なぜですか?

傷めないように鮮度を保つためです。

夏場に食材が傷みやすいのも”熱”による影響が大きいからです。
何も人間のタンパク質だけが特別というわけではありません。

また「冷シップでもいいですか?」と質問を受けることがありますが、冷シップは冷やしたことになりません。ヤカンに入ったお湯を冷シップで冷ますことができないように筋肉や関節など大きな部分に満ちた熱は、冷シップでは取り除けないのです。薬剤効果でスーッとした清涼感は得られますが、熱を奪ったことにはなっていません。むしろ、皮膚を覆ってしまって熱を捨てられなくなることさえあります。(シップをはがす時に患部が熱っぽく感じたことはありませんか?)

例えば指の関節が変形する中年女性は多いと思います。これも変形性関節症の類で、やはり変形の進行には“熱”が大きく関与しています。ご経験がある方は思い出してほしいのですが、指が変形しだした当初は腫れて痛みを伴っていたはずです。その時によく指を冷やしておけば、変形は進まずに済みます。放置していると熱によって骨が浸食され指の形を変えていきます。変形しきった頃に痛みも治まりますが、その状態から元の真っすぐの指に戻すのはとても難しくなってしまいます。ですから、痛みのあるその時の処置がとても大切です。

②骨盤や足の動きをスムーズにし、全身のバランスを整える。

膝の痛み原因は膝だけにあるとは限りません。

膝は大腿骨とすねの骨で構成されています。
大腿骨は股関節で骨盤とつながり、すねの骨は足首とつながっています。

「関節のゆるみ」というのは適切な負荷をかけないことで生じます。
膝を含め関節というものは、正しい(負荷)荷重をかけることで滑らかに動くようになっています。

全然歩かない、負荷をかけない状況が続くと、各関節の支えが悪くなってしまい、骨盤から下の関節全てがゆるんでスムーズに動かなくなりバランスも取れなくなってしまうのです。(入院したことがある人は思い出して欲しいのですが、長く寝ていた状態から起き上がると、フラついて歩きにくいという経験はありませんか?)

膝が痛いからと言って負担をかけないように生活していると、かえって関節がゆるんでバランス不足や摩擦熱から変形が進んでしまう可能性があるのです。

全ての関節に言えることですが、膝関節も全身の骨とのバランスの中で動いていますので、膝の痛みは膝だけの問題と単純に捉えることはできません。

膝の回復を考えるのであれば、環境や生活習慣の中から原因を引き出すとともに、膝だけでなく全身のバランスに対するアプローチが必要です。

③使わない事で機能が低下した膝の関節機能や軟骨組織を回復させる

膝以外の腰や骨盤などの関節の安定性を図りながら「正常歩行」向けて、正しい動作の改善と膝への適切な負荷で、損傷した半月板やすり減った軟骨を新たに形成させていきます。

 

 

キャンペーン

 

11月20まで
\ご予約の方に限り/

 

咲かす式 整体コース

初回80分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
(通常1回 6,500円×2回=13,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ

→ あと2名

 

  

tel:0742338864

予約フォーム

マップ

 

 

本物の技術を
体感して頂きたい

 

施術

当院では整骨院でよくある保険を使った短時間の施術は基本的に行っておりません

それは、いくら値段が安くても5分程度の短時間の施術では、症状を根本改善する事が難しいからです。

結局、症状が改善しなければ、それまでに掛けていたお金や時間は無駄になってしまいます

保険の施術と比べると、当院の施術料金は高く感じてしまうかも知れません。

しかしそれは、本当に水準の高い技術を駆使し、しっかり時間を掛けて根本改善へと導くためです

どこに行っても良くならない、どこに行ったらいいか分からないとお困りの方は、ぜひご相談下さい。

 

 

まだまだあります!
お客様の喜びのお声

 

「丁寧なカウンセリングと施術で治していただきました。」

坐骨神経痛で長年苦しみました。朝起きたら腰が痛くお尻から足にかけて痺れてました。肩こりもあり膝も痛かったです。長年お医者様にお薬と湿布をいただいておりましたが一向に良くなる気配がなくこちらの折り込みチラシを見て腰痛治療専門でされてると知り、こさせていただきました。院長先生の丁寧なカウンセリングで坐骨神経痛になった自分の悪い癖を教えてもらいそれを直しながら週2回通わせていただきました。3ヶ月で長年悩んでいた腰痛がすっかり取れ今はメンテナンスで通わせてもらってます。好きな旅行にも行けるようになり本当に喜んでおります。

奈良市在住

(桝井 佐知さま)

※効果には個人差があります

「痛くない先生独自の治療のおかげです。」

軽度の脊柱管狭窄症と診断され前かがみでしか歩けず、数年前から腰が曲がってきだしました。病院では痛み止めの注射と薬ばかりでちっとも良くならない。両膝も手術で変形があり左肩も五十肩で上げにくい状態でした。院長先生の独自の痛くない治療のおかげで今は何不自由なく日常生活を送れています。奈良市在住

(浜岡 一子)

※効果には個人差があります

 

 

他院とはどこが違う?

↓

咲かす鍼灸整骨院の
\ 9つの特徴 

 

1. 初回約30分のカウンセリング・検査で症状の原因を徹底追及!

カウンセリング

症状を根本改善するためには、本当の原因を特定する事が一番の近道となります。まずはしっかりお話を伺いながら原因を特定します。

 

 

2. 専門用語は一切なし!わかりやすい説明が評判

カウンセリング

あなたの症状がどこから来ているか丁寧にご説明します。分からない事、不安な事は何でもご質問ください。

 

 

3. のべ15万人が感動!経験豊富な治療家によるオーダーメイドの施術

施術

歴20年の院長を筆頭に経験を積んだ治療家による、お一人おひとりに合わせたオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4. バキバキしません!ソフトで優しい施術

施術

お身体に負担の少ない施術で、お子様や妊娠中の方も受けて頂けます。

 

 

5. 充実のアフターケアで再発予防もお任せ下さい

アフターケア

更なる施術効果アップ&再発予防のための栄養指導やストレッチ・体操・歩行などセルフケア指導が充実。

 

 

6. 院長は全国の施術家に技術指導しています

セミナー

業界内でも技術が評判となり、院長主催の技術セミナーは開催の度に全国から施術家が集まります。

 

 

7. どんな重い症状にも対応いたします

カウンセリング

病院や整骨院・整体院に行っても改善出来なかった重い症状もお任せ下さい。まずはお気軽にご相談下さい。

 

 

8. 衛生管理も徹底。清潔で明るい院内が評判に

院内

アルコール除菌やタオル交換など、当たり前の事ですが衛生管理にも注力しております。

 

 

9. 駅から徒歩2分。駐車場完備で通いやすい

外観

新大宮駅から徒歩2分。無料の駐車場もご用意ございます。

 

 

同業他者の厚い支持

 

 

キャンペーン

 

11月20まで
\ご予約の方に限り/

 

咲かす式 整体コース

初回80分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
(通常1回 6,500円×2回=13,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ

→ あと2名

 

  

tel:0742338864

予約フォーム

マップ

 

「咲かす鍼灸整骨院」奈良市の整体《口コミ評価NO.1》 PAGETOP