奈良市の整体なら「咲かす鍼灸整骨院」痛みやシビレを早期に根本改善

歩行

みなさんは毎日どれぐらい歩いていますか?または歩くことを意識していますか?今の時代は車や自転車にのることが多く、よく考えてみると、ちよっとした移動でしか歩くことがないという人は多いのではないでしょうか?また仕事で良く歩いているという人でも、肩や手に荷物をいっぱい持って歩くことが多いのではないでしょうか。それは単純な歩行とはいえません。ここでの歩行は手には出来るだけ荷物は持たずに、スニーカーやウォーキングシューズをはいて歩くということです。
車や自転車は楽ですし、今さら歩くことは面倒だったり、時間に余裕がなかったり、そもそも歩くことが難しい身体の状態の方もいるかもしれません。画像③

人間は昔から歩くことで進化してきた動物です。歩かないと残念ながら歩けない身体になってしまいます。歩くことは身体に様々な良い影響を与えます。これを読んだら明日から少しずつでも歩きたくなるかもしれません。

歩行が身体に与える影響

<高血圧の改善と心肺機能の強化>                            歩行によって、血圧を下げるタウリンやプロスタグランディンEという物質が増加します。歩くことで体内に酸素を多く取り入れることができ、取り入れた大量の酸素は血液によって、体のすみずみにまで運ばれていきます。それにより血液の循環がよくなっていきます。そして心臓を普段より動かすことで、血管自体も普段より働きがよくなります。これを繰り返すことで循環器が活性化され、血圧が下がる効果が期待できます。血圧が下がることで心臓の負担が軽減されます。歩行を継続することで心肺機能の向上が期待できます。                       また、歩く習慣のある人ほど、心血管疾患のリスクが低下することが明らかになっています。

<骨の強化>                                      歩くことで骨に負荷がかかり、骨をつくる細胞の働きが活発になります。また、カルシウムは運動による適度な刺激によって吸収が高まり、太陽を浴びることでカルシウムの吸収を助けるビタミンDが体内で造られます。これらによって、歩行は骨粗鬆症の予防にもなります。

<肥満の解消>                                      歩行は有酸素運動なので、体脂肪をエネルギー源として利用するため体脂肪の減少にもつながります。歩くことで、まず血液中の糖をエネルギーとして使います。つぎに、筋肉のグリコーゲンを燃やしエネルギーとして使います。そして最後に肥満の原因である脂肪をエネルギーとして使います。脂肪をエネルギーとして使うまでには15分以上歩く必要がありますが、15分以上の歩行を継続することでダイエット効果が期待できます。

<肝機能の改善>                                    ウォーキングをしている人ほど、AST(GOT)やALT(GPT)といった数値が低くなることが分かっています。

<糖尿病の予防と改善>                                 ウォーキングには血中のブドウ糖を利用し血糖値を下げる効果があります。          歩くと筋肉が動きます。その筋肉を動かすには、エネルギーが必要です。なので血液中のブドウ糖を筋肉細胞に取り入れて、消費します。それを繰り返すことで、血糖値が下がる効果があります。このため糖尿病の治療にも歩くことが取り入れられています。

<リラックス効果>                                   歩くことで脳の中にセロトニンという精神安定物質が分泌されます。そして歩くことで自律神経も整いやすくなり、心をリラックスさせる効果もうまれます。現在はストレス社会であり、歩くことはストレスの解消にも効果的です。歩くことは身体だけではなく、心の健康にもとても効果があります。
<脳にあたえる影響>                                  歩行は年齢に関係なく脳の血流を増加させることが分かっています。歩くことで、脳への酸素供給も多くなり、脳を元気にする効果が期待できます。それによって認知症の予防にも効果があると言われています。
<社会的効果>                                     ウォーキングで外に出ることで人と関わる機会が増えたり、交友関係が広がったりすることが期待できます。画像①

歩行で心身を健康に

厚生労働省のホームページでは、身体の活動量が多い人や、運動をよく行っている人は、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと。また、身体活動や運動が、精神の健康や生活の質の改善にも効果をもたらすと書かれています。更に高齢者においても歩行など日常生活における身体活動が、寝たきりや死亡を減少させる効果のあることも示されています。
歩行は思いついたらすぐに実行できますし、子供から高齢者まで無理なく自分のペースで出来ます。お金もかかりませんし、手軽にできるのに身体には良い影響がたくさんあります。

当院では症状のある方に骨盤の歪みを治した後に歩いてもらっていますが、季節の花がきれいだったり、いつも通っていた道に新たな発見があったり、みなさんから楽しいお話をたくさん聞かせていただきます。                                             歩くといっても何も遠くまで行かなくてもいいんですよ。散歩でもいいですし、歩くことに不安がある方は、まずはご自宅の前を往復するところから始めてもいいですね。深呼吸しながら歩いてみてください。とても気持ちがいいですよ。

「咲かす鍼灸整骨院」奈良市の整体《口コミ評価NO.1》 PAGETOP