MENU
高い臨床力・サービス・清潔感を大切にし、
じっくり時間をかけて
悪化の原因と治療法、日常生活で心掛けていただくことなどを
わかりやすくご説明し患者さんの症状に合った治療を行います
むち打ち・交通事故の治療
交通事故の後遺症で悩まれている方へ
事故の後遺症でお悩みの際には、まずは交通事故治療に専門的な咲かす鍼灸整骨院にご連絡ください!
 
お電話はもちろん、メールでも受け付けております。
当院は今まで数多くの事故のサポートをしてきました。一人で抱え込まず気軽にご相談ください。
 
もしも!!交通事故に遭ってしまったら…
 
まずは警察に連絡を行い、状況に応じてご加入の保険会社などにも連絡をしましょう。
 
※事前に警察に届けておかなければ、自賠責保険や任意保険の適用に必要な事故証明が受け取れません。
 
また、事故に遭った際は次のことをしっかりと確認しておいて下さい。
 
確認事項
  • 相手の名前と連絡先、住所 (免許証などの身分証明書の確認も大切です)
  • 車のナンバー(管轄地区名称とナンバー)・事故現場の管轄となる届出先の警察署
  • 任意保険加入の有無
  • 最寄の警察に電話
     
    交通事故に遭ったらまず警察に電話をしましょう。
    「たいした事故ではない。」と自己判断はしないようにしてください。
    警察への届け出を忘れると、保険会社に保険金を請求する際に必要な交通事故証明書が発行されません。警察を呼んで、状況をきっちり説明し、「交通事故証明書」を発行してもらいましょう。
     
    加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしないことがあります。必ず自分で届けるようにしましょう。
    その際、届出警察署と担当官の名前はメモしておきましょう。
     
  • 相手(加害者)の情報を収集
     
    加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・自動車の登録ナンバー自賠責保険の会社名と証明書番号・任意保険の会社名をしっかりと確認します。
    その他にも勤務先や雇い主の住所・氏名・連絡先も確認してください。
     
    業務中であれば、運転者だけでなく、雇い主も賠償責任を負うことがあります。
     
  • 現場での目撃者を確保
     
    万が一、相手方とトラブルになった際には、第三者の意見が大きな力となります。通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。
    氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、頼んでおきましょう。過失割合を決めるときに重要になることもあります。
     
  • 現場の記録
     
    これが交通事故の二次被害を防止するうえで、最も重要です。
    事故現場の痕跡(ブレーキ痕、壊れた自動車の部品など)、加害車両、被害車両の同じ箇所についていろんな角度から、携帯電話のカメラで大丈夫ですので、写真を撮っておきましょう。
    加害者が虚偽を言い、それを元に事実認定が進まない為の良策です。
     
  • 病院にて医師の診断を受ける
     
    交通事故の方の施術をするためには、医師の診断書が必要です。
    見た目では怪我がなくても、軽い擦り傷のような怪我の場合でも必ず病院で検査を受け、医師に診察してもらってください。
    その際、体の痛い部分、事故の際打ったと思われる部分すべてを診てもらい、診断書をもらいます。
    たとえ、事故当日には何の症状も出ていなくても、後日、頚が痛い、体がだるいなどの症状が出ることがあります。
     
  • 警察に診断書を提出する
     
    診断書を警察に届けます。そこではじめて人身事故となり、自賠責保険が適用可能になります。
     
    診断書はコピーしておきましょう。
     
  • 保険会社の担当者に咲かす鍼灸整骨院での施術を希望することを伝える
     
    電話で保険会社の担当者に咲かす鍼灸整骨院での施術を希望することを伝えてください。
    保険会社より当院に交通事故の施術依頼の連絡が入ると施術開始となります。
     
  • 咲かす鍼灸整骨院へ連絡
     
    咲かす鍼灸整骨院に予約の電話をしてください。
    当院はご予約優先制です。
    予約なしで来られた場合、もちろん施術はさせていただきますが混雑時はお待ちいただく場合がありますので、予約を取られることをオススメいたします。
     
  • 咲かす鍼灸整骨院へ来院
     
    問診票を記入していただき、それを基に先生がお話を聞きます。
    整骨院でも交通事故・ムチウチのリハビリや施術は可能です。
     
    自賠責保険を使われる場合、窓口負担はありません。0円です。
 
交通事故での診断について
 
むち打ちによる頚部や頚部周辺の辛さや不快感は数時間または数日後になって症状が出ることがあり、レントゲンやMRIなどの画像診断だけでは、一概に診断できないことが多々あります。
 
交通事故後、病院での診断結果がこのような結果でも…
  • 病院のレントゲンではまったく身体(骨)に異常がないと言われた
  • 病院は湿布と痛み止めの薬を処方してくれるだけで終わった
  • 整形外科に行ってもまったく痛みが緩和されない
  • 保険会社から「異常がないので、早期に通院終了するように」と言われた
病院ではまったく身体に異常がなかったが、こんな症状で困っている方
  • 骨には異常がないと診断されたのに、骨が痛くなる
  • 天候の変化や寒さ、湿度の変化で身体が痛くなる
  • 夕方や朝方にジンジン身体が痛む
  • 集中力がなくなり、長時間の仕事や車の運転が難しくなる
  • 頭痛・だるさ・無気力感・前身の疲労感・不眠などを感じる
  • 症状がよくなったり悪くなったりする
 
上記に該当した方、今すぐ当院にご相談下さい!!
 
レントゲンやMRIで異常がないから、今はそんなに酷い症状が出ていないからしばらく安静にしておけば治ると適切な処置をせず放っておくと、はじめは、首・肩のハリ感や軽度の疲労感だけであったとしても、 次第に腕や手のしびれ、頭痛、めまい、腰痛、足のしびれ等、様々な症状を引き起こしかねません。
 
さらに、そのまま放置すると、こうした症状が全身化、もしくは慢性化し、受傷後から長期間、最悪の場合、数十年経っても症状が治まらないと訴える方もいます。 その症状が出た頃にはもう自賠責保険が 使えなくなって自費で施術を受ける… なんてことになるかもしれません。
 
痛みの無い生活を取り戻しましょう
 
交通事故による「むち打ち」という後遺症を初めて体験される方にとっては、この症状が何なのか判断できない方が多い様です。
更に、医者から「何の異常もない」と診断されると、それ以外なにを信じればいいのかわからなくなります。
 
交通事故による後遺症は、日常生活では傷めることのない筋肉・椎間板・椎間関節・神経などの損傷があり、 一般的に、頚椎(首)がむち打ちの発症部位として多いです。
 
咲かす鍼灸整骨院では交通事故の後遺症を数多くサポートしてきた専門施術者がいますので、ご安心ください。 そして、症状によっては当院の骨盤背骨ゆがみ矯正法を使った全身施術を通してお客様の症状が少しでも緩和する様に徹底的にサポートします。